存在美学研究所

Just another WordPress site

助けているのがいいね

2011年05月03日

助けているのがいいね

我が子ながら、もう~悶絶のかわいさ、と書いてしまう私。

こちらで大人気の占い師に、
多くの人を救うためにこの世に生まれてきたといわれた聖慈くん。

やはり、なのか人を助けることにとても関心があるようだ。

今4歳をちょっと過ぎ、思考の傾向やら好みやらが
だんだんはっきりしてきて人格が出てきている。

今日読んだ本のひとつは聖書の話だった。

「ある男は砂の上に急いで家を建て、
もう一人の男は石の上に丁寧に家を建てた。

最初の男の家は嵐で流され、
もう一人の男の家は嵐でもしっかり建っていた。」

という、しっかり基礎を作り上げなさい、というお話なんだけど、

聖慈は、

聖「この話いいね♪ さいごはこの人がロープで 

こっちの人をたすけてあげたんだね!」

私「そうだね♪」

聖「たすけてあげるのが いい話だね。

さいごは二人で いっしょに住んだんだって(^^)」

前からそうだけど、聖慈は人を助けるとか、
最後はみんな仲良くなるというお話が特に好き。

やっぱりそれが使命だけあって、

助けることが喜びという情報が魂に刻まれているのだろうか?

人って不思議だなあ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA